ダーク系

鬼畜

死に逝く君、館に芽吹く憎悪

それは、何の前触れもなく起こった――。平穏だった世界に、突如として現れた上位種族達。彼らは一方的に人間を虐殺し、世界は混乱の渦へと飲み込まれていった。家族と買い物の途中だった美亜もまた、その被害に遭ってしまう。父、母、姉が殺害される中、必死に逃げた先でも別の上位種族の男と遭遇。自棄になった美亜は、死を覚悟の上で男にナイフを突き立てた。
鬼畜

淫妖蟲 凶 〜凌蝕病棟退魔録〜

ある日の退魔屋本舗黒猫支店赤字続きでアタマを抱える夜そこへ一本の依頼の電話が入る病院で起こる霊障を止めて欲しいと言う依頼だった早速深琴を向かわせようとするが深琴はオバケが苦手なので嫌!とダダをこねる。武は以前の戦いで傷を負って戦うことは出来ない。ヤマトも別件の依頼で動けない。どうしたらいいんだニャー!
触手

エデンズリッター 第2章 獄悦の竜皇女ヒルデガルド

かつて狂帝ガルベロスの名の下、大陸を戦火で焼き尽くした最強最悪の軍事国家「神聖ガルベリア皇国」。狡猾さを増すゼノバイド教団に対抗すべく、エルアラド女王セシリィは同盟締結のため因縁の敵国に赴く。だがそこで見たのは、死してなお蠢くおぞましき魔物の大群と、自国を守るために戦うダルベリア竜騎士団の姿だった。そしてその先頭には、新たなるエデンズリッター──現ガルベリア皇国を支配する「竜皇女」ヒルデガルドの勇姿があった──。己が野望、そして理想の為。父帝を手にかけ自らの「未来」さえもを神骸リリスに捧げたヒルデガルド。成長することを止めた幼き肉体を襲うのは、悪夢の誘惑と未曾有の快楽。幼き女帝が歩む覇道の先に待つのは、血塗られた栄光か、それとも逃れ得ぬ獄悦か──。
触手

MONSTER PARK2 〜神々を宿した乙女〜 最終版

大陸のほぼ中央に位置する聖都マドラッド。法皇を頂く教会が統治するその町は、国々を束ねる法皇庁が置かれ、様々な人種や文化が交じり合う、文字通り世界の中心地。法皇交代の儀式を控え、教会と行政機関元老院の対立は日増しに高まっていた。紅の騎士、ソードダンサーの名を馳せる剣士スカーレットは法皇直属の聖騎士に任命される。とある事から友情を結んだ次期法皇マリィの為聖宝を持ち帰る法皇使節団を率いて聖地を目指すが、そこは元老院の罠と恐るべきモンスターが待ち受ける魔窟だった!!時を同じくして、教会の深部では法皇に対してお勤めと称するモンスターを用いた怪しい儀式が開始される。彼らの真の目的とは!?
タイトルとURLをコピーしました